北欧インテリアは、色鮮やかなファブリックやナチュラルな家具が中心です。シンプルかつモダンな雰囲気が楽しめます。

インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる
インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる

インテリアは、北欧風がトレンドです。

インテリアは、ライフスタイルを表す鏡と言われます。個人の生活に合った家具やファブリックは、何よりの精神安定剤です。日本は、かつては機能中心のインテリアが主流でしたが、今は個人の嗜好に合わせたデザイン性や楽しさを中心としたインテリアが人気です。海外から刺激を受けた、ヨーロピアンスタイルやアメリカンスタイルに基づいたインテリアが長く人々の憧れでしたが、最新のトレンドは、北欧のインテリアです。長い冬を過ごさなくてはならない、北欧の国々から生まれたインテリアは、シンプルで洗練されています。一面の冬景色に映える、色鮮やかな色彩のファブリックは、その代表格です。単色ならば、鮮やかな赤や青を使ったクッションやテーブルクロスが印象的です。複数の色を組み合わせて花や鳥を描いたタペストリーも部屋を明るくしてくれます。反対にラグや家具は、ナチュラルな基本色を配して、調和を計っています。

マンション等では、ダイニングとリビングが一続きになっているので、二つを合わせてコーディネイトすると素敵です。北欧のキッチングッズには、機能性とデザイン性を兼ね備えたおしゃれな物が多いいので、見せる収納が可能です。つい隠したくなってしまう洗剤やブラシ等も、容器に入れ替えたりすると素敵になります。お部屋を一気に北欧風にするには、ファブリックを使うことと、インテリアシールを使うことがお手軽です。北欧の町並みをモチーフにしたインテリアシールをリビングの壁に貼るだけで、北欧の雰囲気が出ます。キッチンのタイルにも北欧の森をイメージした草花を貼ると素敵です。このように、手軽に北欧のインテリアに近づけることができます。

おすすめ記事