インテリアによって自分好みにしつらえられた部屋は日々のストレスや疲労を回復する機能が高いといえます。

インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる
インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる

自分好みの住みかを作るためのインテリア

現代社会はストレス社会とも呼ばれており、仕事における肉体的疲労、精神的疲労はかなりのものとなっています。うつ病の増加も社会的な問題となり、ストレス発散や気持ちの回復に非常に注目や関心の集まる時代です。そんな中、家庭での生活において、休みを効率的に得るためにはインテリアの存在が必須です。

家は、自分の住みかです。ここが居心地が良くないことには日々の疲れを回復することは難しいと考えられます。殺風景なままであったり汚く散らかっていたり、寝泊まりするためだけの部屋である場合は、そこが住みかとしての機能を果たしているとは到底言えません。寝て体力的に休むことが仮にできたとしても、仕事とそうではない時間の気持ちの切り替えのためには、それでは不十分なのです。

自分好みのインテリアを配置して設えた部屋は自分自身の住みかという認識を無意識的に掻き立てます。これが家で過ごす上でより良いリラックスを促し、休息する機能を高めます。インテリアにはお金がかかりますし、どこかぜいたく品だという認識は決して低いものではないかもしれません。しかしワークライフバランスという言葉があるように、仕事外の時間の充実さを高めるためには、インテリアを用いた自分好みの部屋作りが必要不可欠です。