インテリアに関する知識として、壁紙の種類や、特徴、健康面に与える影響などを交えながら説明いたします。

インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる
インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる

インテリアに関する知識:壁紙について

インテリアに関する知識として、壁紙の種類や特徴、健康面などの情報を交えながら説明いたします。インテリアにおける要素として、壁の仕上げは面積も多く、イメージを担う部分と健康面に与える影響もあることから重要な部分になります。壁紙の種類としてはビニールクロスが主流となっており、塩化ビニル樹脂を主材として様々な表情を見せられるように表面加工を施しています。耐久性なども高く、色々な用途に使われています。他の種類としては紙クロスや布クロスなどの化学製品を用いていない壁紙もあり、自然材料であるためホルムアルデヒドなどの発散もなく、シックハウスの心配もありません。

その他特殊な壁紙としては、薄くスライスした天然木シートやコルクなど、紙と複合させた製品や、石や珪藻土などの特殊な表面加工を施したタイプも存在します。最新の壁紙の中には汚れがつきにくいタイプや、抗菌仕様のタイプ、消臭効果のある壁紙、ペット対策として表面にフィルム加工を施して傷や耐久性、汚れの拭き取りやすさと追求した壁紙なども販売されています。このように、インテリア空間において求められる機能を満たすために、壁紙の種類を自由に選択できることが可能ですので、住宅を建てる際には様々な壁紙を提案してもらうようにして、自分に合った壁紙を施工してもらうことをお勧めします。

おすすめ記事