狭い部屋のインテリアコーディネートのコツは空間に余裕を持たせることで床の場合はラグの敷き方に注意が必要です。

インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる
インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる

狭い部屋の床のインテリアは空間に余裕を持たせた方が良いです。

インテリアコーディネートを考える時、センスが良く見える部屋にするにはいくつかコツがあるようです。その中でも特に狭い部屋の場合だと、置きたいものをあれもこれも全部つめこんでしまうと、ごちゃごちゃして統一感のない過ごしづらい部屋になってしまいます。狭い部屋に物をたくさん置いてもおしゃれに見えるのは、かなり上級のコーディネート術ということですね。上級のテクニックを誰もが持っているわけではないのでその方法は置いておいて、センスの良い狭い部屋にするには、ある程度の空間を残すことが不可欠なようです。

床の場合も同様です。今はフローリングの部屋が多いので、フローリングのインテリアで考えると、だいたいラグやマットを敷くと思います。これを例えば部屋全面に敷くのと、部屋半分に一枚、もしくは小さめのものを二か所に敷くのではそれぞれ印象が違ってきます。床でもある程度の空間に余裕を持たせることを意識すると、どのパターンが合ってるかが分かるはずです。ちなみにワンルームの場合は、更に注意が必要です。なぜかと言うと、ワンルームは一部屋に色んな生活エリアが含まれているからです。寝る場所、食べる場所などをはっきり区切るためにも、ラグの類はせめて寝るエリアとそれ以外は同一にせず、境目に空間を残した方が良いと思います。

おすすめ記事