インテリアを使って陰りを演出してみてはどうでしょうか。陰りは人に落ち着きを与えてくれるものなのです。

インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる
インテリアを用いて住まいに奥行きを持たせる

インテリアで陰りを演出

日本人は空間における明かりを大事にしてきた民族です。昔の日本人は、行燈や灯明を用いて空間の明かりを演出してきました。明かりを重視するとともに、陰をうまく用いて空間に広がりを持たせるということも、日本人のすばらしい営為がもたらしたものです。現代においては、電気が普及したことによって空間が劇的に明るくなり、空間には陰りというものが入り込むすきがなくなってしまいます。

しかし、日本のインテリアには、こうした陰りをうまく取り入れるために開発されたものもたくさんあります。光りがあれば影がある、これは当たり前のことであり、光りばかりの生活では疲れてしまうのもまた頷けます。したがって、陰りを的確に取り入れた空間が、現代の住まいにも求められているのであって、それは現代社会においてはインテリアを工夫することによって十分に演出することができるのです。暗い照明というのは現代の生活にはあまり好まれていないかもしれません。しかし空間の暗さというのは、また落ち着きをもたらしてくれるものです。こうした工夫を凝らすことによって、住まいを充実させることにもつながります。暗い照明のインテリアをできる限り選んで、少なくとも自分の部屋くらいは陰りをふんだんに取り入れたような空間を作ってみても良いでしょう。